オフィスのかたちもいろいろ。レンタルスペースという提案

>

シェアオフィス、コワーキングのメリットデメリット

コワーキング、シェアオフィスのメリット

コワーキング、シェアオフィスのメリットはコストダウンが期待できること、さらに立地条件がよく、場所的に利便性がよい場合が多いです。
また、シェアオフィスは個室、パーテーションなどで半個室状態になっていることが多く、プライバシーもある程度守られる一方、共用の会議室、ミーティングルーム、ラウンジなどが設けられていることが多く、利用者同士のコミュニケーションが容易で情報の共有もでき、コミュニティやコラボレーションを生み出す機会が多くなります。特にコワーキングの場合はブースや仕切りがない場合が多い分、その要素が大きくなります。
コワーキングスペースを併設しているシェアオフィスもあり、自由席の扱いもある場合は、事前の契約などがなくても、時間貸しで利用することができる場合があります。


コワーキング、シェアオフィスのデメリット

上記のメリットは逆にデメリットにもなります。
まず、プライバシーやセキュリティーの保護に関しては、通常の賃貸、さらにレンタルオフィスよりもかなり劣ります。
利用者同士の距離感の近さはメリットにもなる一方デメリットにもなる場合があります。ビジネスによって、どのシェアシステムをチョイスすべきか、当然ながら一長一短あります。また、運営業者によってそのシステムは細部にわたって様々です。多くの場合の条件をご紹介しましたので、それぞれの利用条件をよく確認しましょう。もちろん、運営業者が突然の倒産ということもあります。通常の事務所賃貸にはないメリットデメリットを見極め、自分のビジネスに合ったものを選びましょう。


この記事をシェアする