オフィスのかたちもいろいろ。レンタルスペースという提案

>

レンタルオフィスと貸し会議室のメリットデメリット

レンタルオフィス、貸し会議室のメリット

通常、賃貸でオフィスを借りる場合には、初期費用として、敷金・礼金や不動産業者への仲介手数料がかかりますし、別途、内装や備品の購入費用がかかります。
レンタルオフィスの場合は、敷金礼金はかからないことが多いかわりに、利用するにあたり入会金や年会費、月会費が必要となります。通常の賃貸契約に比べれば、安価で借りることができます。また、会社の業務を行うにあたっての備品も揃っているということも大きなメリットです。
レンタルオフィスは長期の月極め以上での利用、貸し会議室はさらに手軽な時間貸しでの利用と考えればわかりやすいです。普通に物件を賃貸するよりも手軽な費用で利用することができます。最低必要限の備品が事前に揃っているので、その部分でも費用を大きく抑えることができます。


レンタルオフィスのデメリット

賃貸よりも費用が安くなるといっても、運営業者によってその料金システムはさまざまですので、事前に確認は必要です。
オプションの料金によって、思っていた以上に高くついてしまうということも考えられます。料金体系はよく確認してから利用しましょう。
また、それぞれのオフィス部分は独立していても、商談スペースなどは共有となる場合が多いので、プライベートを確保できない場合があるというデメリットもあります。
カフェなど不特定多数の人間が集まる場所での打ち合わせよりは、こちらの方が利点がありますが、自社だけのスペースではないということも念頭に入れましょう。
最後に運営会社が倒産というまさかの事態も起こりえますので、そのあたりの認識も必要です。


この記事をシェアする