オフィスのかたちもいろいろ。レンタルスペースという提案

>

オフィスを借りる。レンタルスペースってどうなの?

レンタルオフィス、貸し会議室とは

建物の部屋を丸ごと借りるのがレンタルオフィス、貸し会議室です。個人で借りるかたちとしては、レンタルルームというのがありますね。それの会社利用版です。
通常と賃貸とは異なり、敷金礼金がかからなかったり、解約の際に返金されることが多く、また、仕事に必要な備品も備わっていますので、新たに起業するにあたり、大幅なコストダウンが期待できます。
また、貸し会議室は、会議向けの時間貸しレンタルスペースなので、普通、机とイス、ホワイトボードなどが完備されています。プレゼンテーション用のプロジェクター、マイクとなどもオプションで利用できるのがほとんどです。
会議や打ち合わせはもちろん、人を集めての説明会やセミナーなどで利用できます。
会議室とは銘打っていますが、会社、企業でなくても、個人やサークルなどの集まりに利用することもできます。

コワーキング、シェアオフィスとは

シェアオフィスとは、不特定多数の利用者がオフィス機能を持つスペースをそれぞれがシェアして利用します。簡易的なパーテーションなどでブース上にスペースが隔離されていることが多く、会議室やデスクなどの備品、電話や住所、郵便受けなど取引先、顧客に対して必要な機能も利用できます。
コワーキングはシェアオフィスによく似たシステムですが、特徴は利用者同士のコミュニケーションに重点を置いていることです。それぞれの利用者が交流、情報交換を行うことで有効なコミュニティを作りあげることが可能です。
そもそも、ノートパソコン、スマホ、タブレット端末などを使って、Wi-Fi環境のあるカフェなど、オフィス以外の場所で仕事をする人たち、いわゆるノマド的な起業家が、そのような環境で生じる孤独感や、外部との交流が少なくなることへの不安を解消するためということが、コワーキングの大きな発端になっています。


この記事をシェアする