オフィスのかたちもいろいろ。レンタルスペースという提案

いろいろあるオフィスのかたち!レンタルスペースの種類

レンタルスペースのいろいろ

働き方の多様性が言われるようになってきた昨今、会社となるスペースも賃貸ではなく、レンタルする時代になっています。
1フロア、フロアの一室、デスクひとつだけ、デスクも決まっていないけれどその空間の一部をレンタルする。
それぞれの働き方のスタイルにあったスペースのレンタルは、シェアオフィス、コワーキングスペース、レンタルオフィス、貸し会議室など、さまざまなかたちで展開されています。カフェやファミレス、ファストフード店などでパソコンを開いて作業している方も多く、いわば、スペース(テーブル)を借りて仕事をしているわけです。
これは非常に稀なパターンだと思いますが、筆者は駅のコインロッカーをデスク代わりにノートパソコンを開いてるビジネスマンを見かけたことがあります。使用料を払っているのかというのは疑問ですが、あれもレンタルスペースといえるかもしれません。本来は荷物の置き場所としてのレンタルスペースなのですが。
そんなレアケースは置いておいて、オフィスとしてのレンタルスペースについて考えてみましょう。
うちの会社、私には、どの形式があっているのか、コストはどうなの、メリット、デメリットは?
その呼ばれ方はずいぶんと普及してきて、耳慣れないながらも聞いたことはあるという方は多いでしょうが、実際に有効活用できている人はほんの一部で、的確に把握できてはいないというのが大半ではないでしょうか。
それぞれの違いを検証し、メリット、そしてデメリットをご紹介します。

オフィスを借りる。レンタルスペースってどうなの?

貸し会議室やレンタルスペース、レンタルルーム、シェアオフィス、コワーキングといった、“スペースの貸し出し”を利用したことがありますか? シェアという考え方が浸透し、さまざまなタイプのスペースをオフィスとしてシェアする、レンタルするサービスが普及しています。

レンタルオフィスと貸し会議室のメリットデメリット

レンタルオフィス、貸し会議室は賃貸契約をするよりは様々な面でコストダウンが期待できるというところが大きなメリットですが、もちろん、デメリットもあります。メリットとデメリットをしっかりと認識し、こんなはずじゃなかったと後悔することのないようによく検討してみましょう。

シェアオフィス、コワーキングのメリットデメリット

レンタルオフィス、貸し会議室よりもさらにコストダウンが可能なシェアシステムですが、こちらにもデメリットは存在します。やはり気になるのはプライバシーの確保。また、シェアできるスペースが小さい、フリースペースである等、複数の社員での使用するには向かないという面もあります。